🎀毛穴のつまり、開きを解決。毛穴ケアで日々気を付けること 7つ

投稿日:
毛穴のつまり、黒ずみ、開きは気になりませんか?
何かケア方法はあるの? 日々の毛穴ケアはどうしたらいいの?
今回は、毛穴のつまり、黒ずみ等の原因と毛穴のケア方法をご紹介します。
自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアするアドバイスをしています。

 


マスクを外した時に気になるのが、毛穴の開き、つまり、黒ずみ。

実は、マスクを外すたびにお肌の水分が失われるため、お肌の内部はカラカラ状態に。そうすると乾燥を防ごうとするため皮脂が分泌され悪循環に。

また、お肌とマスクがあたる部分は摩擦もあり、お肌に負担をかけています。

 

今回は、

 ○ 毛穴のトラブル 4種類

 〇 毛穴のトラブルの原因は?

 ○ 毛穴のケア方法で日々気を付けることは? 7つ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. 毛穴のトラブル 4種類

 2. 毛穴のトラブルの原因は?

 3. 毛穴のケア方法で日々気を付けることは? 7つ


 

1.毛穴のトラブル 4種類

 顔には体の倍以上の皮脂腺があり、皮脂分泌力も高いです。

分泌した皮脂が角栓となって毛穴を詰まらせたり、炎症を起こしたりして毛穴が開きます。

 また、ストレスや間違ったお手入れなどで肌のバリア機能が乱れると、お肌を守ろうとして、皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されるのです。

 ① つまり毛穴・・・鼻・眉間・顎にできやすい

 ② 黒ずみ毛穴・・・鼻・眉間・顎にできやすい

 

 ③ 開き毛穴・・・Tゾーン・頬にできやすい

 ④ たるみ毛穴・・・頬にできやすい

 

2.毛穴のトラブルの原因は?

  ① つまり毛穴・・・皮脂と古い角質が混ざったものが角栓となって毛穴を詰まらせ、固まった状態。肌が乾燥している場合にも起こる。

 ② 黒ずみ毛穴・・・開いた毛穴に汚れが残り、皮脂の酸化やメラニン色素によって毛穴が黒く目立ってしまう状態。

 ③ 開き毛穴・・・毛穴が閉じにくくなり、へこみが目立つようになった状態。Tゾーンは皮脂分泌の過剰、頬は乾燥や炎症のために起こる。

 ④ たるみ毛穴・・・加齢によるたるみで毛穴が縦長に広がった状態。皮脂分泌によって広がった毛穴に重力が加わると、涙型にたるむ。紫外線や加齢の影響で肌のハリが失われて、毛穴が下方へ引っ張られて目立つようになる。

 

3.毛穴のケア方法で日々気を付けることは? 7つ

 ① 毛穴の汚れを落とす・・・こすったり、押し出したりはせず、お肌に負担がないように汚れを落とす。蒸しタオルなどでお肌を柔らかくしてから落とすと落ちやすい。

 ② 皮脂の過剰分泌を抑える・・・お肌のターンオーバーを整えるのが大切。

 ③ 角質層に十分な水分を保つ・・・毛穴の開きは皮脂だけでなくインナードライも原因で肌が皮脂を出すため、潤いを保つのが大切。インナードライと炎症が進むと、毛穴周りの肌細胞の老化が加速します。

 ④ 引き締める・・・お手入れ後は引き締め作用がある化粧水をプラスすると良い。

 ⑤ バランスの良い食事を・・・過剰な糖質や脂質、香辛料などは皮脂腺を刺激し、皮脂分泌が活発になるので注意。

 ⑥ ストレスを溜めない・・・バリア機能の乱れ、ホルモンバランスの乱れも加わり皮脂分泌が過剰になるので注意。

 ⑦ 十分な睡眠・・・睡眠時に分泌される成長ホルモンが減少するとターンオーバーが乱れお肌が乾燥し、皮脂分泌が活性化するので注意。



 


いかがでしょうか?

日々のスキンケアも大切ですが、食生活や睡眠、ストレスフリーも大切です。ストレスはご自身でも気付かないうちに溜めていますので、毎日、リフレッシュできることを見つけて行って下さいね(^^♪

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います。

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!