🎀くすみが気になる方にはオススメ!くすみケアのポイントをご紹介

投稿日:

お肌のくすみは気になりませんか?

くすみが気になり始めたら、日々のスキンケアや生活習慣を見直すことが大切です。

今回は、くすみの原因とくすみケアをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


くすみにもいくつか種類があります。

例えば、角質肥厚や乾燥など、さまざまです。

ご自身のくすみがどのタイプかを確認し、適切なケアをしていきましょう♪

 

今回は、

 ○ くすみの原因は?

 〇 くすみの種類と対策

 ○ 基本のスキンケア

 ○ くすみケアのポイント

 ○ くすみ肌のメイクポイント

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.くすみの原因は?

 2.くすみの種類と対策

 3. 基本のスキンケア

 4.くすみケアのポイント

 5.くすみ肌のメイクポイント

  


1.くすみの原因は?

 くすみとは、顔色が沈んでいる、透明感がなく黒ずんで見える状態です。

 原因は、

 ○ 角質肥厚・・・ターンオーバーが遅れ、古い角質細胞が肌の表面にとどまっている状態

 ○ 肌の乾燥・・・肌が乾燥していると肌表面に不要な角質がたまり、透明感が失われる

 ○ 誤ったクレンジング・・・メイクの濃さに合っていないクレンジング剤を使用すると、メイクの汚れが落としきれず、肌がくすんでいる状態

 などがあり、透明感やツヤが失われる為、暗い印象を与えることもあります。

 

2.くすみの種類と対策

 ○ 乾燥によるくすみ(肌がカサカサしている場合)・・・しっかりと保湿をする。

○ メラニンによるくすみ(薄い褐色のくすみ)・・・紫外線対策は忘れずに。お肌の摩擦にも気を付ける。

○ 血行不良によるくすみ(肌が青暗い印象)・・・マッサージ等で血液の巡りを良くする。

○ 糖化によるくすみ(黄色っぽいくすみ)・・・偏った食生活や過剰な糖質を避け、糖代謝を促す。

 ○ 角質によるくすみ(肌がごわごわしている場合)・・・ターンオーバーの周期(28日間)を整える。

 

3.基本のスキンケア

< 朝 > 洗顔 → 拭き取り化粧水 → 化粧水 → (美容液) → 乳液 + (クリーム) → 日焼け止め+下地 → ファンデーションなど

< 夜 > クレンジング → 洗顔 → 拭き取り化粧水 → 化粧水 → (美容液) → 乳液 + (クリーム)

 

 ○ クレンジング・・・メイクや老廃物、皮脂などの脂性の汚れを落とす。汚れとクレンジング剤をしっかりなじませ、なじんだらぬるま湯でしっかり洗い流す。※クレンジングはメイクアップ製品などの油性の汚れと同じ性質のクレンジングで落とすと良い

 ○ 洗顔・・・クレンジングでは落ちない汗・ほこり・古い角質等のタンパク系の汚れを落とす。しっかり泡立て、弾力のある泡で包むように洗い、小鼻の横など細かい部分も丁寧に優しく洗う。すすぎ残しのないようぬるま湯(人肌くらい)でしっかり洗い流し、タオルでゴシゴシ拭かず、軽く押さえるように拭く。

 ○ 拭取り化粧水・・・残った油分や古い角質を取り去り、皮膚表面を柔らかく、透明感のある肌に整えます。皮膚表面を柔らかくすることにより、化粧水等が浸透しやすくなります。コットンにたっぷりなじませ、優しく拭き取っていきます。

 ○ 化粧水・・・化粧水をたっぷりなじませたコットンもしくは手で、軽く肌をおさえるようにして、顔の内側から外側に向けてゆっくりとなじませていきます。お肌が水分を吸収してふっくらしてきたら完了。

 ○ 美容液・・・気になるポイントに美容液をプラス。季節やお肌の状態に合わせてプラスオン。

 ○ 乳液・クリーム・・・乾燥しやすい部分(目元)から少しずつ肌になじませていきます。その後、包み込むように顔全体を軽く押さえる。 ※乳液は皮脂の代わりをし、水分の調整を図ります。また、クリームは潤いを補給します。

 ○ マッサージ・パック・・・週1~2回程度行い、血液やリンパの流れを良くする。マッサージの前に蒸しタオルで皮膚を温めると血液の循環が良くなるので効果的です。

 

4.くすみケアのポイント

 ○ 角層表面の改善をする。表面をはがれやすくし、老廃物や汚れを落とす。

 ○ 血行を良くしてターンオーバーを促進する。マッサージで活力をアップする。

 ○ 規則正しい生活をする

 ○ 明るいメイクを工夫する。

 

5.くすみ肌のメイクポイント

 ○ くすみをカバーする時は、明るくオレンジがかったものを薄く丁寧に伸ばす。

 ○ 顔全体がくすんで気になる時は、コントロールカラーの淡いオレンジ色を使用すると、肌を明るくし、透明感出る。


いかがでしょうか?

お肌がくすんでいると老けて見えがちです。

生活習慣を見直し、基本的なスキンケアもしっかり行ってケアしてくださいね(^^♪1

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!