🎀気になる眉間のシワをケア&マッサージで予防していきましょう♪

投稿日:

眉間にシワが寄る表情はされていませんか?

眉間にシワが寄る表情ばかりしていると、シワができやすくなります。

今回は、眉間のシワ予防の為のケアポイント&マッサージをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


眉間は皮脂の分泌量は多いですが、角質の水分保持能力が低く、インナードライになりやすいところ。

眉間のシワができると不機嫌に見えたり、老けて見えたりしますよね。

しっかり予防して、相手に良い印象を与えましょう♪

 

今回は、

 ○ 眉間のシワについて

 〇 眉間の筋肉

 ○ 日々のケアポイント

 ○ 眉間のシワ予防マッサージ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.眉間のシワについて

 2.眉間の筋肉

 3.日々のケアポイント

 4.眉間のシワ予防マッサージ

  


1.眉間のシワについて

 眉間にシワができるのは、さまざまな理由があります。

 例えば、

 ○ 日常の表情のクセ

 ○ 肌のたるみ

 ○ 肌の乾燥

 などです。

 

2.眉間の筋肉

 眉間の筋肉は、横ジワに影響する鼻根筋と縦ジワに影響する皺眉筋です。

 ○ 鼻根筋(びこんきん)・・・鼻の付け根の上、眉間の間にある三角形の小さな筋肉です。眉間にシワを寄せる働きがあります。常に眉間にシワを寄せていると筋肉が凝り固まり、眉間のシワが消えなくなります。

 ○ 皺眉筋(しゅうびきん)・・・前頭骨の鼻部から眉上方の皮膚についています。眉を下内側に引き寄せ、眉間にしわを作ります。無意識に眉をひそめるのを繰り返し続けると、目が疲れてかすんだり、眉間にシワができやすくなります。

 

3.日々のケアポイント

 ○ 表情のクセを直し、シワができやすいタイミングを意識し、その表情がでないようにする

 ○ パソコン、スマホの長時間の使用を控える

 ○ しっかりと保湿できる化粧品(セラミドやヒアルロン酸など、高保湿成分配合)を使用する

 ○ 肌の弾力を取り戻す。コラーゲンなどのサプリメントやコラーゲンを多く含む食品(軟骨など)を取り入れると良い

 ○ 紫外線対策をする

 

4.眉間のシワ予防マッサージ

 <皺眉筋のマッサージ>

 ① 親指と人差し指の腹で、眉頭あたりの皺眉筋をしっかりつかみ、上下左右に細かく動かします。

 ② つまむ位置を少しずらして、同様に上下左右に細かく動かします。これを眉山あたりまで行う。

 

 <鼻根筋のマッサージ>

 ① 左手の人差し指と中指を額の中央に置き、引き上げる。

 ② ①の状態のまま、右手中指の腹を眉間の少し下に置き、左右に優しく揺らして、ほぐす。

 ③ 右手中指の腹の位置を少しずらして、同様に左右に優しく揺らし、眉間全体をほぐす。

 

 <耳周りのリンパ節のつまりを解消するマッサージ> ※顔の血の巡りがよくなります

 ① 左右の耳を引っ張りながら、耳全体をマッサージ。

 ② 人差し指全体を使って、耳の上を横方向にさすりながらほぐす。※気持ちいいと感じる圧で行う

 ③ ②と同様に人差し指を使って、耳の前側を縦方向にさすりながらほぐす。

 ④ 同様に人差し指を使って、耳の後側を縦方向にさすりながらほぐす。

 ⑤ 反対側も同様に②~④を行う。




いかがでしょうか?

日々のケアはとても大切です。しっかり予防して、シワが出来ないように心掛けましょう♪

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います(^^♪

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!