🍀腰痛でお悩みの方は必見!腰痛予防に良いヨガ&ツボをご紹介

投稿日:
腰痛で日々悩まされていませんか?
腰痛にはさまざまな原因がありますが、もちろん予防策もあります!
今回は予防策と腰痛予防に良いヨガ&ツボをご紹介します。是非、お試しください♪

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


腰痛があると日常生活でいろいろと不便ですよね。

日々の姿勢を見直したり、同じ姿勢ばかりをした後は腰を伸ばしたりして、予防するのが大切です。

また、適度な運動で腰回りの筋肉を鍛えることも大切。早めの予防で、腰をケアしてくださいね(^^♪

 

今回は、

 ○ 腰痛の原因 主に5つ

 〇 腰痛予防策

 ○ 腰痛予防に良いヨガポーズ

 ○ 腰痛に良いツボ

をご紹介していきます。


もくじ:

 1. 腰痛の原因 主に5つ 

 2. 腰痛予防策

 3. 腰痛予防に良いヨガポーズ

 4. 腰痛に良いツボ

 


1.腰痛の原因 主に5つ

 ① 悪い姿勢・・・猫背など

 ② 同じ動作の繰り返し・・・重い荷物を持ち上げるなど

 ③ 運動不足・・・腰を支える筋力が弱る

 ④ ストレス

 ⑤ 病気・・・椎間板ヘルニアなど

 

2.腰痛予防策

 不自然な姿勢や同じ姿勢を長時間とらないようにし、同じ姿勢が続いた時は30分に一回は腰を伸ばすようにして下さい。

参考までに、良い姿勢の目安は、壁に踵をつけて立った時に、「踵」「お尻」「肩」「後頭部」が壁につくのがベストです。

<正しい立ち方>

 〇 頭が体の真上にある

 〇 肩の高さが左右同じである

 〇 胸が開いている

 〇 骨盤真っ直ぐで、左右どちらかに傾いてない

 〇 膝は伸びている

 〇 重心は左右均等である(重点は、足の裏のかかと、親指と小指の付け根の3点にかかっていること)

 

<正しいイスの座り方>

 〇 背もたれに肩甲骨と骨盤を委ね、背中や腰を丸めない!

 〇 背もたれがないイスの場合は、坐骨(座った時に左右のお尻の下にあるゴツゴツした骨)をイスにしっかり垂直につけ、お腹を持ち上げ、重心を少し前にかけ肩の力は抜く。

 

3.腰痛予防に良いヨガポーズ

 <腰痛予防ポーズ> 

(1) 長座で座り、右の足裏を左膝の横につけます。

(2) 一旦、左膝を曲げ、ゆっくりと伸ばします。

(3) 鼻から息を吸いながら、踵をけり出し、みぞおちを後に引くようにして伸ばします。

(4) 口から息を吐いて、甲を伸ばし、前に伸びます。 (3)、(4)を数回。

 

<お尻~腰を伸ばすポーズ>

①長座で座ります。この時、左右の坐骨(お尻の下にあるゴツゴツした骨)をしっかり垂直につけます。

②左足首を右太ももにのせ、右太ももの後で両手を組みます。背筋をなるべく真っ直ぐにします。

③少しずつ右足を立ててきます。 この時、体が後に倒れないように注意!

これを数回。 反対側も同様に行ないます。 ストレッチ後はお尻~腰を拳骨で軽くたたきほぐします。

 

4.腰痛に良いツボ

〇 腎兪(じんゆ)・・・第2と第3腰椎棘突起の間の左右に外側、又は、腕を体側にくっつけ肘の高さのあたり

〔押し方〕 両手で握りこぶしをつくり、体の後に回し、押す。

〇 委中(いちゅう)・・・膝を曲げた時にできる膝裏の横ジワの真ん中

〔押し方〕 両親指をあて、膝頭に向かって押し上げるように押す。

 




いかがでしょうか?

腰痛を予防するには、腹筋と背筋をバランスよく鍛える運動を行うのも良いです。

是非、日々の姿勢をキレイに保ちつつ、定期的に運動を行ってくださいね😊

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!