🍀冷え&むくみを改善!お尻をボールで簡単にほぐしましょう♪

投稿日:
お尻の硬さ、又は、お尻の冷えを感じたことはありますか?
実は、お尻が硬かったり、冷えたりすると血流が悪くなり、むくみやすくなります。
今回は、お尻をボールで簡単にほぐす方法をご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


血流が悪くなると代謝も悪くなり、脂肪が付きやすくなります。

毎日、ボールでお尻をほぐして血流の流れを良くしましょう♪

 

今回は、

 ○ お尻の筋肉について

 〇 お尻が硬くなるとどんな影響がある?

 ○ お尻をほぐすメリットは?

 ○ 簡単にボールでほぐす方法

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. お尻の筋肉について

 2. お尻が硬くなるとどんな影響がある?

 3. お尻をほぐすメリットは?

 4. 簡単にボールでほぐす方法

 


1. お尻の筋肉について

 お尻にはいくつかの筋肉がありますが、主に3つ。

  ① 大臀筋・・・お尻の中心にあり、お尻の中で最も大きな筋肉。上半身を支えたり、上半身と下半身の動きをつないだりする役割がある。鍛えるとトップが上がる効果がある。

  ② 中臀筋・・・お尻の上半分あたりにある筋肉。股関節を動かしたり、骨盤を支えたりする働きがある。鍛えるとお尻の外側をきれいに丸い形に整える。

  ③ 梨状筋・・・お尻の筋肉の下に隠された筋肉。複雑な股関節の動きに関与している筋肉で、梨状筋の下には坐骨神経が通っている。

 

2. お尻が硬くなるとどんな影響がある?

 お尻が硬くなると、

  ○ 関節の動きが鈍くなる➡ 腰痛の原因に

  ○ 血流が悪くなる➡ 冷え、むくみ、脂肪が付きやすくなる

 

3.お尻をほぐすメリットは?

 ○ 代謝が良くなる➡ 痩せやすい体に

 ○ 血行が良くなる➡ 冷え改善

 ○ 脚の骨や筋肉が正しい位置に➡ 歪み改善

 ○ 副交感神経が優位に➡ 眠りの質が良くなる

 

4.簡単にボールでほぐす方法

 ※テニスボール位の大きさのボールで行うと良い

 <A: 大臀筋上部>

 ① 仰向けになり、膝を三角に立てる。

 ② 骨盤の上側の骨の内側辺りに、ボールを置き、くい込ませるように体重をかける。 左右各30秒キープ

 

 <B: 中臀筋>

 ① 仰向けから体を横向きにして寝る。

 ② 腰骨のすぐ後ろ辺りに、ボールを置き、じわっと体重をのせる。 左右各30秒キープ

 

 <C: 梨状筋>

 ① 膝を三角に立てて座り、手をお尻の後に置き、しっかり体を支える。

 ② 坐骨のとがった骨の上辺りに、ボールを置き、しっかり体重をかけて圧をかける。 左右各30秒キープ

 




いかがでしょうか?

ボールだと簡単にほぐせれるので、テレビを観ながら是非お試しください(^^♪

お風呂上りなど、体が温まった状態だと尚良いかと思います。

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!