🎀顔のたるみにも影響する舌の筋肉。鍛えて顔のたるみを予防しましょう♪

投稿日:
舌の筋肉の衰えを感じますか?
舌も筋肉でできているので、年と共に衰えてしまいます。
また、長期間のマスク生活により人と話すことが減り、舌の筋肉は衰えがちです。
今回は、舌の筋肉を鍛えるエクササイズをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


舌の筋肉が衰えることにより顔のたるみにも影響します。

舌の筋肉をしっかり鍛えて若々しさをキープしましょう。

 

今回は、

 ○ 舌の筋肉が弱ると。。。

 〇 舌の筋肉を鍛えると。。。

 ○ 舌の筋肉を鍛えるエクササイズ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.舌の筋肉が弱ると。。。

 2.舌の筋肉を鍛えると。。。

 3.舌の筋肉を鍛えるエクササイズ

  


1.舌の筋肉が弱ると。。。

 舌は筋肉でできています。なので舌も年と共に衰えてきます。舌の筋肉が弱ると、

 ○ 咀嚼・飲み込む機能の低下

 ○ 滑舌の低下

 ○ 口呼吸

 ○ 顔のたるみ

 などの影響がでます。

 

2.舌の筋肉を鍛えると。。。

 ○ 舌骨筋(舌骨につながる筋肉の総称)周辺を鍛えることにより、顔全体のたるみ対策、二重あごや首のたるみ対策にもなる

 ○ 血行促進

 ○ むくみ解消

 ○ 唾液の分泌に影響を与えるので、口腔内の衛生にもプラス

 

3.舌の筋肉を鍛えるエクササイズ

 <咬筋マッサージ>

 ※咬筋(下あごの外側にある筋肉。歯を食いしばった時に膨らむ部分)の近くには老廃物を回収する働きがある顔面静脈の枝が張りめぐされています。ここをもみほぐすことで老廃物の回収が促され、顔のむくみの改善に役立ちます。

 ① 親指を口の中に入れ、左頬骨があたる位置まで入れたら、揺らして30秒程もみほぐす。 ※無理に奥まで入れないこと!

 ② 反対側も同様に行なう。

 

 <エクササイズ①>

 ① 舌を「べっー」と、思いっきり前に出します。

 ② まず、左へとゆっくり移動させます。

 ③ 次に、右へとゆっくり移動させます。 ②~③を数回

 ※じんわりと痛みがくるくらいまで行いましょう

 

 <エクササイズ②>

 ① 下の歯と頬の間に舌を入れます。

 ② ほうれい線の下のライン~反対のほうれい線の下のラインまで、ゆっくりと移動させます。

 ③ 逆向きも同様に行ないます。 ②~③を数回

 ※じんわりと痛みがくるくらいまで行いましょう

 

 


いかがでしょうか?

舌の筋肉の衰えが顔のたるみに影響するのはびっくりですよね。

是非、舌の筋肉を鍛えて顔のたるみを予防しましょう(^^♪

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!