🎀目元が沈んで見える?気になる目のたるみを改善しましょう♪

投稿日:

目の周りの筋肉が低下すると目のたるみの原因になります。

目の筋肉を鍛えて、ぱっちりお目めを目指しましょう♪

今回は、たるみケアのポイントとマッサージ&ツボをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


歳と共に、筋肉は衰えます。目元の筋肉の衰えは、たるみの原因に!

目を効果的に動かして、鍛えていきましょう♪

 

今回は、

 ○ 目のたるみ について

 〇 目のたるみケアのポイント

 ○ 目のたるみに良いマッサージ

 ○ 目のたるみに良いツボ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.目のたるみ について

 2.目のたるみケアのポイント

 3.目のたるみに良いマッサージ

 4.目のたるみに良いツボ

  


1.目のたるみ について

 〇 加齢による弾力と筋力の低下・・・皮膚内のコラーゲンやヒアルロン酸が減少することにより、肌のハリが失われます。また、年齢と共に目の周りの筋肉も衰え、まぶたや目の下の皮膚と脂肪を支えきれなくなることで、たるみが目立ちます。

 〇 眼窩脂肪によるたるみ・・・眼窩脂肪とは眼球を支えている脂肪で、年齢と共に目の周りの筋力や肌の弾力の低下によって、この眼窩脂肪が重力で圧迫され、目の下がふくらみ、目の下のたるみとなります。

 〇 目の酷使・・・パソコンやスマホを長時間見たり、細かい作業することが多いと目を酷使しています。まばたきの回数が減り、目の周囲の筋肉が衰えます。

 

2.目のたるみケアのポイント

 ○ 目元の筋肉・眼輪筋を鍛える

 ○ 目元の緊張をほぐす

 ○ クレンジングや洗顔でゴシゴシ洗わない

 ○ 化粧水、乳液、クリーム等でしっかり保湿する

 ○ 目元専用のアイクリーム等を使用する

 

3.目のたるみに良いマッサージ

 マッサージをすることで目の周りがほぐれ、リラックス効果も得られます。

 目の周りはデリケートなので、マッサージはソフトタッチで行ないましょう。

 <リンパ流し> ※圧をかけ過ぎず優しく行なうこと。乳液などを指先に付けて行うと滑りが良くなります。

 ① 薬指を、目頭の下にあて、目の下をこめかみまで、指を優しく滑らせる。

 ② 中指と薬指を、眉頭下にあて、まぶたの上を目尻に向かって、優しく指を滑らせる。

 ③ 最後に、人差し指、中指、薬指を揃えて、3指の腹を目にあて、軽く押す。

 

 <眼輪筋を鍛える>

 ① 親指と人差し指で眉をつまむ。眉頭~眉尻に向かって、ゆっくり優しく行なう。

 ② ①を数回繰り返し、最後はこめかみをプッシュ。優しく気持ちいいと感じる強さで押す。

 ③ 指先を眉下しあて、指を左右に小刻みに動かし目の周りをマッサージ。目の下も行なう。

 ④ 最後は、目をギュッと閉じたり、目を大きく開けたりを数回。

 <側頭筋をほぐす>

 ① 拳骨を作り、第1関節と第2関節の間の平らな部分をこめかみの辺りにあてる。

 ② 左右に細かく動かしながら、ほぐす。 ※口を少し開けること

 ③ こめかみ~耳の後ろまで、少しずつずらしながら、ほぐしていく。

 

4.目のたるみに良いツボ

 ツボを押すことで、目の周りの血流やリンパの流れを促し老廃物を流します。

 〇 攅竹(さんちく)・・・左右の眉頭のきわ

  [押し方] 両手の人差し指を左右のツボにあて、イタ気持ちいいと感じる強さで、ゆっくり5~6回押す。

 〇 魚腰(ぎょよう)・・・眉毛の真ん中

  [押し方] 中指をあて、上に持ち上げるように押す。

 ○ 絲竹空(しちくくう)・・・眉尻のきわ、小さな骨のくぼみ

  [押し方] 中指をあて、イタ気持ちいいと感じる強さで、ゆっくり5~6回押す。




いかがでしょうか?

目元がイキイキとしていると若々しく見えますよね!

毎日欠かさず、目のマッサージをしましょう(^_-)-☆

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!