🎀気になる目のシワをしっかりケアして、若々しい目元に!

投稿日:

目元のお手入れはどのようにされていますか?

目元の皮膚はとても薄く、デリケートです。

今回は、目元のケアポイントと目元のエクササイズ&ツボをご紹介します♪

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


目元のシワは、1本でもあると老けて見えがちです。

でも、目元の皮膚はとても薄いため、シワができやすいのです。

しっかりケアをして、シワを防ぎましょう(^^♪

 

今回は、

 ○ 目元のシワはなぜできる?

 〇 目元のケアポイントは?

 ○ 目元のエクササイズ

 ○ 目元のツボ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.目元のシワはなぜできる?

 2.目元のケアポイントは?

 3.目元のエクササイズ

 4.目元のツボ

  


1.目元のシワはなぜできる?

 目元の皮膚は顔の中でも最も薄く、皮脂が少ないのでどうしても乾燥しやすいです。

 また、1日に約1万回以上もまばたきをする為、皮膚の収縮でシワになりやすく、さらに、メイク落としの時ゴシゴシこするなどして、摩擦によるダメージも受けやすいのです。

 その為、目元のシワは、どの世代でもできやすいの注意して下さい。

 

2.目元のケアポイントは?

 ○ メイク用品が残らないように、丁寧に優しくクレンジングをすること

 ○ ゴシゴシ洗わない

 ○ 化粧水はたっぷりのせ、さらに目元専用の美容液をプラスし、最後は乳液・クリームで仕上げる

 ○ 目元の乾燥を感じたら、コットンに化粧水を浸し軽くパックする

 ○ 紫外線対策をする

 ○ ファンデーションをのせる場合は、目尻を広げて、往復させてキレイになじませる

 

3.目元のエクササイズ

 目元の血流を促すために行ないます。

 <前頭筋と皺眉筋(しゅうびきん)を鍛える>

  ① 両方の眉を上方向にゆっくり引き上げる。数秒キープ。

  ② 眉をゆっくり戻す。

  ③ ①、②を数回繰り返す。

 <眼輪筋を鍛える>

  片目ずつ交互にウィンクをする。数回

 

4.目元のツボ

 顔や目元の血液の循環を良くするツボです。

 血液の循環が良くなると、お肌に水分や栄養分が行き渡りやすくなります。

 ○ 第6頸椎点・・・顔を前に倒した時にでっぱる首の骨が第7頸椎棘突起。その一つ上の第6頸椎棘突起から左右外側に親指の幅分のところ。

   [押し方] 両中指を左右のツボにあて、気持ちいいと感じる強さで5秒押しては離す。

 

 ○ 攅竹(さんちく)・・・左右の眉頭のきわ

  [押し方] 両手の人差し指を左右のツボにあて、気持ち良いと感じる強さで、ゆっくり5~6回押す。

 ○ 晴明(せいめい)・・・鼻の根元と目頭の内側の中央のくぼみ

  [押し方] 中指で鼻筋の中心に向かって、気持ちいいと感じる強さで、ゆっくり5~6回押す。

 

 ○ 絲竹空(しちくくう)・・・眉尻のきわ、小さな骨のくぼみ

  [押し方] 中指をあて、気持ちいいと感じる強さで、ゆっくり5~6回押す。

 

 




いかがでしょうか?

目元はメイク用品をいろいろ付けますよね。クレンジング・洗顔は必ず優しく行って下さい。摩擦は厳禁です!

その後は、ローション、美容液等でしっかり保湿して、目元の乾燥を防いでくださいね。

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!