🍀ヨガで骨盤の前傾を改善して、キレイな体形に♪

投稿日:
X脚やお尻が出ているのが気になりませんか?
もしかしたら、骨盤が前傾しているかもしれません。
今回は、骨盤の前傾に効果のあるヨガをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


骨盤が定位置にないと、体のあらゆるところで不調が起きてきます。

ヨガで緊張している筋肉をストレッチし、鍛えるべき筋肉を強化していきましょう(^^♪

 

今回は、

 ○ 骨盤の前傾について

 〇 骨盤はなぜ前傾するの?

 ○ 骨盤が前傾するとどんな影響があるの?

 ○ 骨盤の前傾に効果のあるヨガ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. 骨盤の前傾について

 2. 骨盤はなぜ前傾するの?

 3. 骨盤の前傾でどんな影響がある?

 4. 骨盤の前傾に効果のあるヨガ

 


1.骨盤の前傾について

 まず、骨盤の位置を確認してみましょう!

 壁に後頭部・お尻・かかとをつけて立った時に、壁と腰の間に、握りこぶしが入りますか?

もし、入るほど広い場合は骨盤が前傾しています。

前傾していると、反り腰や下っ腹が出やすかったり、腰痛も起こりやすいのが特徴です。

 

2.骨盤はなぜ前傾するの?

 骨盤が前傾する原因は、体の前と後の筋力のアンバランスです。

 例えば、

 ○ 高いヒールを履く

 ○ 悪い姿勢で座る・立つ・歩く

 ○ うつ伏せで良く寝る 

 など、の習慣があると前傾しやすくなります。

 

3.骨盤が前傾するとどんな影響があるの?

 骨盤が前傾していると、

 〇 腰痛などの体の痛みがある

 〇 X脚になりやすい

 〇 代謝が悪い

 〇 お尻が出てしまう

 〇 前ももの張り感がある

 などの影響があります。

 

4.骨盤の前傾に効果のあるヨガ

 緊張している脊柱起立筋(背骨から腰骨まで細長く走っている筋肉)や腸腰筋(上半身と下半身をつなぐ筋肉)をまずストレッチしていきましょう。

 鍛える筋肉は、腹筋や大臀筋(おしりの筋肉)、ハムストリングス(太ももの裏側の筋肉)になります。

 <腸腰筋ストレッチ>

 ① 四つん這いになります。手と手の間に左膝をもってきます。この時、体をちょうど真ん中になるようにします。

 ② 鼻から息を吸いながら、上体を起こしてきます。背筋をなるべく真っ直ぐにします。

 ③ 口から息を吐いて、その場で緩めます。

 ④ 息を吸いながら、お尻を前に押し出します。

 ⑤ 吐いて、緩めて元に戻ります。②~⑤を2~3回。

 ⑥ 反対側も同様に行ないます。

 

 <脊柱起立筋と腸腰筋ストレッチ>

 ① 四つん這いのポーズで、息を吐きながら背中を丸めて、おへそをのぞき込みます。

 ② 息を吸いながら、お尻を突き出し、背中を反らします。

 ③ ①、②を2~3回、繰り返します。

 

 <ハムストリングスを鍛える>

 ① うつ伏せになり、太もも前側、恥骨を床に付けて、膝を90度に曲げます。

 ② 息を吐きながら、両膝を床から離して、持ち上げます。 ※恥骨が床から離れないようにすること

 ③ 息を吸いながら、ゆっくり両膝を床に戻します。

 ④ ②、③を数回繰り返します。




いかがでしょうか?

日々の姿勢によっても、骨盤も歪みますので、正しい姿勢を少し意識してみて下さい。

少しずつ体の不調を改善していきましょう(^^♪

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!