🎀首のシワを予防して若々しい首元を目指しましょう♪

投稿日:
首のシワは気になりませんか?
実は、首の皮膚は顔よりも薄く、とてもデリケートです。
今回は、首元のケアポイントとマッサージ法をご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


首元のケアはどのようにされてますか?

顔と同様、しっかり保湿ケアすることがとても大切です。

マッサージも併せて、しっかりケアしてくださいね♪

 

今回は、

 ○ なぜ首のシワができるの?

 〇 首元のケアポイント 7つ

 ○ 首元のマッサージ法

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.なぜ首のシワができるの?

 2.首元のケアポイント 7つ

 3.首元のマッサージ法

  


1.なぜ首のシワができるの? 

 首の皮膚は、顔の2/3の厚さしかなく、とてもデリケートな部位です。

 猫背や下ばかり見ていると、広頚筋(こうけいきん・下あご~鎖骨のあたりまである筋肉)が緩んで垂れ下がり、首の横ジワの原因になります。

 また、お肌表面の乾燥やハリを保つコラーゲンの減少、筋肉の衰えなど、肌の弾力が無くなりできるのが縦ジワの原因です。

 

2.首元のケアポイント 7つ

 ① 洗う時もゴシゴシ洗わない

 ② 顔と同様、化粧水、美容液、乳液の順でしっかりケアする

 ③ 圧をかけ過ぎないで、保湿を第一でケアすること

 ④ 紫外線対策をする

 ⑤ 首周りの筋肉(広頚筋や胸鎖乳突筋など)を鍛える

 

 ⑥ 枕は低いものを選ぶ

 ⑦ スマホなど見る時は、目線と平行になるように心掛ける

 

3.首元のマッサージ法

<シワ&たるみ改善マッサージ> 

 ① 手の平にクリームや乳液をのばしたら、右手を鎖骨からアゴ先へ滑らせる。 ※優しくなで上げるように

 ② 次に、右手を追いかけるように、左手を右手同様に鎖骨からアゴ先へ滑らせる。

 ③ ①、②同様に、少し場所を左外側にずらして同様になで上げる。最後、右手で耳下腺(耳の下)までなで上げ、耳下腺から首を通り左鎖骨へ流す。

 ④ 反対側も同様に行なう。

<首の筋肉を鍛える>

 ① 首を上~下へとさすり流し、手の平を鎖骨の上に置く。

 ② 手の平を鎖骨の上に置いて押さえたまま、あごをゆっくり持ち上げて、「いーっ」と思いっきり口を左右に引き伸ばす。

 ③ ゆっくりあごを下してくる。

 ④ ②~③を数回繰り返す。


いかがでしょうか?

シワ1本でもあるとどうしても老けて見えがちですよね。

毎日、しっかりケアして、いつまでも若々しい首元をキープしてください(^_-)-☆

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

SNSでシェア!