🎀ほうれい線をマッサージで予防して、若々しい口元に!

投稿日:

ほうれい線が目立ってきたかも。。。

マスク生活が続くと顔の筋肉、表情筋は衰えがちです。

今回は、ほうれい線の対策法とマッサージをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


ほうれい線が深くなると老けて見えてしまいますよね。

ほうれい線は、ハリや筋力が低下するため、できてしまいます。

しっかりケアをして、若々しい口元をキープしましょう(^^♪

 

今回は、

 ○ ほうれい線とは?

 〇 ほうれい線ができる原因は? 主に4つ

 ○ ほうれい線の対策法は?

 ○ ほうれい線の対策マッサージ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.ほうれい線とは?

 2.ほうれい線ができる原因は? 主に4つ

 3.ほうれい線の対策法は?

 4.ほうれい線の対策マッサージ

  


1.ほうれい線とは?

 両方の鼻脇~口角外側に現れる線、頬と口元の境界線がほうれい線と言われます。

 

2.ほうれい線ができる原因は? 主に4つ

 ① 肌の乾燥・・・肌のバリア機能も低下し、外的ダメージを受けやすくなります。

 ② コラーゲンやエラスチンの減少・・・歳と共に肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの量が低下してきます。顔の筋力の衰え、ホルモンのアンバランスがシワやたるみに影響を与えます。

 ③ 紫外線・・・肌老化の70%は、紫外線による光老化が要因と言われています。

 ④ 間違ったお手入れ・・・お肌をゴシゴシこすったりなど、強い力や過度なお手入れで刺激を与え続けることで、お肌にダメージを与えます。

 

基本のお手入れは、

↓の「基本のおすすめスキンケア3パターンと肌質別スキンケアのポイント」をご参照下さい。

🎀美容・基本のおすすめスキンケア3パターンと肌質別スキンケアのポイント

 

3.ほうれい線の対策法は?

 〇 しっかり保湿をする

 〇 表情筋を鍛える

 〇 紫外線対策をする

 〇 紫外線対策をする

 

4.ほうれい線の対策マッサージ

 <表情筋を鍛える>

 ① 口を閉じ、舌で唇の周りを内側からなぞるように回す。

 ② 右回り10回、左回り10回。

 

 <側頭筋をほぐす> ※左右同時に行う

 ① 5指の腹を、側頭筋(耳の上)辺りに置く。

 ② 指の腹をしっかりつけて、左右に動かし、ほぐす。

 <リンパマッサージ> ※優しく行う 

 ① 中指の第1関節と第2関節の平らなところを、顎関節(耳穴のすぐ前)にあてる。

 ② 中指を左右に細かく動かしながら、小鼻の脇までずらしながら動かす。

 ③ そのまま中指をフェイスラインにむかって、すべらせ、少しずつ外側にずらしながら、耳穴の横迄行う。

 ④ 人差し指と親指で、アゴ先を挟み、耳下に向かってすべらせていく。

 ⑤ 手の平で、耳下~鎖骨内側まですべらせ、リンパを流す。

 ⑥ 反対側も同様に行う。




いかがでしょうか?

ほうれい線の予防は、早めに対策が大切です。

表情筋を鍛えつつ、予防していきましょう♪

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!