🍀内ももの筋肉をヨガで鍛え、スラッとした脚を目指しましょう♪

投稿日:
内ももの筋肉は鍛えていますか?
内ももの筋肉は、意識しないと鍛えにくい筋肉ですが、鍛えるとたくさんのメリットがあります!
今回は、内ももの筋肉を鍛えるヨガをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガのレッスンを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


内ももの筋肉を鍛えると、冷えやむくみの改善、また脚もスラっとキレイになります!

意識して内ももを鍛えていきましょう♪

 

今回は、

 ○ 内もも(太ももの内側)の筋肉について

 〇 内転筋群(内もも)に脂肪が付きやすくなる理由

 ○ 内転筋群(内もも)を鍛えると

 ○ 内転筋群(内もも)の引締め効果のあるヨガ

 ○ 内ももにあるツボ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. 内もも(太ももの内側)の筋肉について

 2. 内転筋群(内もも)に脂肪が付きやすくなる理由

 3. 内転筋群(内もも)を鍛えると

 4. 内転筋群(内もも)の引締め効果のあるヨガ

 5. 内ももにあるツボ

 


1.内もも(太ももの内側)の筋肉について

 内ももの筋肉は、内転筋群と呼ばれ、主に短内転筋・長内転筋・大内転筋・小内転筋・薄筋・恥骨筋という筋肉があり、股関節の動きにも関わっています。

 また、内転筋群は形状が細く、力が弱い特徴をもっています。

 

2.内転筋群(内もも)に脂肪が付きやすくなる理由 

 〇 筋力不足・・・内転筋群は意識しないとなかなか使われない筋肉の為、筋力不足になり、脂肪が付きやすくなる。

 〇 骨盤の歪み・・・内転筋群には、股関節を内転させて骨盤を安定させる役割がある。意識して使わないとなかなか使われない為、筋力不足になり脂肪が付きやすくなる。

 〇 冷えやむくみ・・・股関節まわりは水分や老廃物が流れにくく、下半身は特に冷えやすく、脂肪が付きやすくなる。

 

3.内転筋群(内もも)を鍛えると

 〇 太ももが引き締まる

 〇 冷えやむくみの改善

 〇 膝の痛みの改善

 〇 姿勢の改善

 〇 体のバランスが整う

 

4.内転筋群(内もも)の引締め効果のあるヨガ

 ① 両手を肩の高さで横に広げて、手首をパタンと曲げる。指先の下まで足のつま先がくるくらいまで大きく開く。※膝とつま先の向きを揃える。

 ② 胸の前で左親指を立てて、右手で握る(棒を持っているイメージで)。鼻から息を吸いながら、腰をゆっくりと真下へ下していく。

 ③ 口から息を吐きながら、足の裏で床をしっかり踏み込み、内ももを引き上げるように、元に戻る。最後、お尻の穴を閉じるのを意識すること! 3セット

 ④ ②と③を3セット。手を入れ替えて同様に行なう。

 

5.内ももにあるツボ

<膝の痛み・生理痛・更年期障害>

 ○ 血海(けっかい)・・・膝のお皿から斜め内側上に指3本分ほどのところ

   [押し方] ツボに親指をあて、気持ちいいと感じる強さで数回押す。

 

<膝の痛み>

 ○ 梁丘(りょうきゅう)・・・膝の皿から斜め外側上に指3本分ほどのところ

   [押し方] ツボに親指をあて、気持ちいいと感じる強さで数回押す。

 




いかがでしょうか?

鍛える時は、必ず内ももを意識して行ってくださいね(^^♪ 意識すると効果も違ってくるはず!

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

 

 

SNSでシェア!