🎀早めのケアでシミを対策し、お肌を整え美肌を目指しましょう♪

投稿日:

シミは気になりますよね。

シミにもいくつかの種類があり、原因や対策はそれぞれ異なります。

今回は、シミの種類&美白成分、シミの対策にポイントについてご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


シミの主な原因は紫外線です。

紫外線対策は必須ですが、ターンオーバーの周期を正常に戻すことも大切です。

 

今回は、

 ○ シミの原因は?

 〇 シミの種類

 ○ 美白成分

 ○ シミ対策のポイント

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.シミの原因は?

 2.シミの種類

 3.美白成分

 4.シミ対策のポイント

  


1.シミの原因は?

 ○ 紫外線

 ○ 女性ホルモンのアンバランス(生理不順、更年期、妊娠など )

 ○ ストレス

 ○ 睡眠不足

 ○ 炎症 (ニキビ跡、かぶれ、アレルギー炎症、火傷など )

 ○ 加齢 (ターンオーバーが遅くなる等 )

 などです。

 

2.シミの種類 

 シミにもさまざまな種類があります。

 まず、ご自身のシミがどのタイプか確認してみましょう。

 〇 ホルモンによるシミ・・・ホルモンの影響で頬に左右対称に現れる

  <特徴>輪郭はぼんやりで、黒ではなく赤褐色。

 〇 日焼けによるシミ・・・紫外線の影響で現れる

  <特徴>輪郭がくっきりしていて、薄~濃茶色。

 〇 でっぱりジミ・・・紫外線のダメージで生じ、表面に角質やかさぶたなどあり盛り上がっている

  <特徴>ぷっくりふくらんでいる。赤くカサつき白い部分もある。

 〇 そばかす・・・遺伝や紫外線、生活習慣などが影響

  <特徴>小さい茶褐色の粒状。鼻を中心に左右対称にでる。紫外線を浴びると増える。

 〇 炎症によるシミ・・・ニキビや傷などの炎症、かいてしまった部分に色素が沈着して生じる

  <特徴>ニキビ跡や肌荒れ、傷が消えにくい。炎症しやすい肌質にできやすい。

 

3.美白成分

 美白成分はいくつかあり、それぞれ働きが違います。

 今回は主な美白成分をご紹介します。ご参考下さい。

 ※シミのメカニズムについては、

🎀シミが気になる方には必見です。美白ケアのポイントをご紹介!

 <メラニン抑制> ※メラニン生成に関わる酵素チロシナーゼの働きを邪魔する、抑える

  〇 アルブチン

  〇 エラグ酸

  〇 ビタミンC誘導体・・・強力な抗酸化作用もある

  〇 コウジ酸

  〇 ハイドロキノン

 <メラニン還元> ※メラニンの色を薄くする還元作用

  〇 ビタミンC誘導体

  〇 ハイドロキノン

 <メラノサイトを活性化する情報伝達をブロック>

  〇 m-トラネキサム酸

  〇 t-AMCHA

 

4.シミ対策のポイント

 〇 常に紫外線対策をする。日焼け止めや、日傘、つばの広い帽子などを使用する。

 〇 日焼けをしたときは、すぐに美白ケアを。美白のパックや美白化粧品(ビタミンC誘導体やアルブチン配合の化粧品)を使用する。

 〇 顔はゴシゴシ洗わない。また、タオルなどでゴシゴシ拭かない。

 〇 バランスの取れた食生活をする。ビタミンC(柑橘類、大根、海藻など)、ビタミンB2・B6、カルシウム、タンパク質をたっぷり摂る。

 〇 適度な運動をする。→血行を良くし新陳代謝を活発にします。

 〇 十分な睡眠をとる。

 〇 ニキビなどは潰さない、引っ搔かない。

 




いかがでしょうか?

シミ対策は早めのケアが大切です。

出来てしまったシミはなかなか消えないですが、お肌の調子も整えてしっかりケアをしていきましょう。

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います(^^♪

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!