🍀ヨガで胸を開き呼吸のしやすいしなやかな体へ。いつまでも若々しく!

投稿日:
最近、呼吸は浅くないですか?
胸が縮こまると、呼吸が浅くなり代謝も低下します。
今回は、若さをキープするには大切な、胸を開くヨガをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


パソコンや携帯ばかりしていると、どうしても胸は縮こまり、猫背になってしまいます。

縮こまった胸をヨガでしっかり開きましょう♪

 

今回は、

 ○ 胸が縮こまると…

 〇 胸を開くメリット

 ○ 胸を開くヨガ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.胸が縮こまると…

 2.胸を開くメリット

 3.胸を開くヨガ

 


1.胸が縮こまると…

 胸の筋肉・大胸筋が縮まると、肋骨が前傾しがちになります。

 そうすると、

 〇 姿勢が悪くなり、猫背がちに

 〇 胸が下がる

 〇 内臓が圧迫されて下がる

 〇 代謝も低下

 〇 内臓が圧迫されて下がる

 などのデメリットが出てきます。

 

2.胸を開くメリット 

 〇 きれいな姿勢に → 腰痛予防や若々しく見える

 〇 バストアップ効果がある → 若々しく見える

 〇 肩がさがり、首が伸びる → アゴラインがスッキリ見える

 〇 深い呼吸がしやすくなる → 代謝アップにつながる

 など、いろいろと体に良い影響を与え、若さをキープするには大切です。

 

3.胸を開くヨガ

 <胸ストレッチ①>

 ① 壁が左になるように壁と直角になるように立ちます。左肘を曲げ、肘と肩が同じ高さになるように左手の小指側の側面を壁に付け、反対の右手を左鎖骨下に置きます。

 ② 息を吸いながら、おへそから右へ回旋しながら、左鎖骨下に置いた右手を下に引き、左胸を前へ突き出し、左肩は後ろへ引きます。 ※この時、肩内側から胸げ伸びるのを感じる

 ③ 息を吐きながら、元に戻ります。

 ④ 反対側も同様に行います。

 

 <胸ストレッチ②>

 ① あぐらで座り、手の平を上に向け両腕を横に軽く開きます。 ※肩は上がらないように

 ② 息を吸いながら、肩甲骨を真ん中に寄せるようにして、両腕を斜め後ろに広げ、胸を開きます。

 ③ 息を吐きながら、緩めます。

 ④ ②~③を数回繰り返します。

 




いかがでしょうか?

胸を開くと若々しく見えるのは嬉しいですよね。

是非、毎日かかざす胸を開いて若さをキープしましょう(^^♪

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!