🍀ストレッチで股関節の動きを良くして、体の不調を改善しましょう♪

投稿日:
股関節の動きは悪くないですか?
股関節の動きが悪いと、体の不調へとつながります。例えば、体がむくみやすかったり、冷えやすかったり、腰痛を引き起こしたり。。。
今回は、股関節の簡単ストレッチ法をご紹介します。
自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


股関節は下半身の動きの起点となります。

股関節の動きが悪くなると体の不調だけでなく、日々の姿勢にも影響します。

股関節のストレッチを行い、体の不調等を改善していきましょう♪

 

今回は、

 ○ 股関節について

 〇 股関節が硬くなると。。。

 ○ 股関節の簡単ストレッチ

をご紹介していきます。


もくじ:

 1. 股関節について

 2. 股関節が硬くなると。。。

 3. 股関節の簡単ストレッチ

 


1.股関節について

 股関節は、歩く、走る、ジャンプするなど下半身の動きの起点となります。股関節の動きの悪さは、肩凝りや腰痛、しびれなど体全体の不調につながる可能性があります。

 また、股関節は身体の中心とも言える骨盤と密接につながっているので、筋力や可動域の低下は結果的に下半身のおデブ化を誘発します。

 

2.股関節が硬くなると。。。

 股関節が硬くなると連動している骨盤周りの筋肉も硬くなります。そうすると、むくみ、冷えが起こり、疲労が溜まるなど、体の不調にもつながります。

 ○ むくみやすくなる

 ○ 冷えが起こる

 ○ 太りやすくなる

 ○ 膝に負担がかかる

 ○ O脚やX脚になりやすくなる

 ○ 腰痛が起こる

 ○ 猫背になりやすい

 

3.股関節の簡単ストレッチ

 必ず、ストレッチは無理のない範囲で行なって下さい。

 <ストレッチ①>

 ① 仰向けになり、膝を立てます。

 ② 足の裏同士を合わせ、両膝を外側に開きます。

 ③ 膝を床へとトントンと動かして、股関節をゆっくりと伸ばします。数回

 ④ お尻を左右に揺らし、さらに股関節を伸ばします。

 ⑤ 最後に、両膝を閉じ、両手で脚を抱え込み、クールダウン。

 

 <ストレッチ②>

 ① 横向きに寝ころび、下側の腕の肘を曲げ、頭をのせる。

 ② 上側の膝を後方に曲げて足首をつかみ、前ももをグーッと伸ばす。 ※足裏をおしりに近づけるのポイント!

 

 <ストレッチ③>

 ① イスに軽く座り、足を骨盤の幅位に開く。 ※この時、骨盤を立てて座り、背筋は伸ばす

 ② 股関節を軸に片足ずつ内側から外側へ、円を描くように大きく脚を回す。同じように外側から内側へ、大きく脚を回す。左右各10回程行なう。




いかがでしょうか?

股関節に意識を向けて、ストレッチをしていただくと、効果も違ってきます。

是非、意識してストレッチを行って下さいね(^_-)-☆

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!