🎀フェイスラインや首のたるみを改善するストレッチをしましょう♪

投稿日:
フェイスラインや首のたるみは気になりませんか?
長時間下を向いた作業ばかりしていないですか?
フェイスラインや首がたるみと、どうしても老けて見えてしまいます。
今回は、フェイスラインや首をスッキリさせるストレッチをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。20代の2人の娘のアラフィフママです。
私自身、もともと肌が弱く、いろいろの化粧品を試しましたが、しっくりこず、常に自分に合う化粧品を探していました。それなら、自分でキレイにする!という思いでエステティシャンに。
現在は、エステ&ヨガサロンを経営。「自己治癒力を高める」をモットーに、身体の外側&内側からケアのアドバイスをしています。

 


首の皮膚は、顔の皮膚よりも薄くデリケートです。

日々のケアやマッサージをすることは、とても大切!

スッキリとしてフェイスラインや首元を目指しましょう♪

 

今回は、

 ○ 首の筋肉について

 〇 日々のケアポイント 5つ

 ○ 首の筋肉のストレッチ&リンパマッサージ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1.首の筋肉について

 2.日々のケアのポイント

 3.首の筋肉のストレッチ&リンパマッサージ

  


1.首の筋肉について

 ○ 広頚筋(こうけいきん)・・・口元からあご、鎖骨まで広がる。口角を下に引く動きをする。広頚筋は他の筋肉とお互い引っ張り合うことで、ハリのあるフェイスラインや首筋の維持が可能です。その為、広頚筋が緩んで垂れ下がると、フェイスラインのたるみや首のシワの原因に。

 ○ 胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)・・・広頸筋の奥にあり、耳の後ろから鎖骨まで広がる。首を回したり上下に動かす時に使う筋肉で、重い頭を支えている。胸鎖乳突筋は広頚筋を下から支え首のたるみを予防している。

 

2.日々のケアポイント 5つ

 ① 顔と同様、化粧水、美容液、乳液の順でしっかりケアする

 ② 圧をかけ過ぎないで、保湿を第一でケアすること

 ③ 紫外線対策をする

 ④ 首周りの筋肉(広頚筋や胸鎖乳突筋など)を鍛える

 ⑤ スマホなど見る時は、目線と平行になるように心掛ける

 

3.首の筋肉のストレッチ&リンパマッサージ

 <広頚筋と胸鎖乳突筋のストレッチ>

 ① 両親指をアゴの骨に引っ掛けるように添える。

 ② 親指を押し上げるようにして、アゴを上げる。

 ③ アゴをゆっくりと下ろしてくる。※胸鎖乳突筋が伸びているのを感じるように行う

 ④ ②と③を数回行う。

 ⑤ アゴを突き出して、口を思いっきり横に開いて、下アゴを突き出す。※首筋を伸ばすイメージで行う

 

 <リンパマッサージ>  ※クリームを使用すると滑りやすくなります。

 ① 右手の平を鎖骨からアゴ先へ滑らせる。

 ② 右手を追いかけるように、左手の平も同様に滑らせる。

 ③ 少し左側にずらして、①と②を同様に行なう。

 ④ 最後は左手で耳の下まで滑らせ、耳の下くぼみを中指で軽く押さえる。

 ⑤ 反対側も同様に行なう。


いかがでしょうか?

長時間下を向いていると、首も顔もたるみます。時々、上を向いて首の筋肉をストレッチしましょう♪

 

サロンでは、お一人お一人のお肌を丁寧に観ながら、頭~足先までオールハンドマッサージでお手入れをしております。完全プライベートサロンになりますので、ごゆっくりとお過ごし頂けるかと思います☺

是非、一度お越しくださいませ。

aestheticmenu

SNSでシェア!