🍀イライラや体がだるい時は、ヨガで自律神経を整えましょう♪

投稿日:
イライラや体のだるさ等は感じませんか?
もしかしたら、自律神経が乱れているかもしれません。
自律神経が乱れる原因は、ストレスや生活習慣の乱れが大きいと言われています。
今回は、自律神経を整える効果がある習慣とヨガをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


ストレスは誰もが何かとありますよね。

そういう時は、自律神経を整える時間・リラックスすることが一番です!

毎日、ストレッチやヨガでリラックスして、心と体のバランスを整えましょう♪

 

今回は、

 ○ 自律神経とは?

 〇 自律神経が乱れると…

 ○ 自律神経を整えるには

 ○ 自律神経を整えるヨガ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. 自律神経とは?

 2. 自律神経が乱れると…

 3. 自律神経を整えるには

 4. 自律神経を整えるヨガ

 


1. 自律神経とは?

 自律神経は、内臓の働きやホルモン分泌を司る神経です。

 自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つに分かれ、交感神経が優位な時は体が活発に動かす時、副交感神経が優位な時は体を休める時になります。

 例えば、心臓の鼓動を早くしたり、血圧を上げたりするのは交感神経の働きで、心臓の鼓動をゆっくりしたり、血圧を下げたりするのは副交感神経の働きになります。このように交感神経と副交感神経は、互いにバランスを取り合って体を調整しています。

 

2. 自律神経が乱れると…

 ○ 良く頭痛がする

 ○ めまいがする

 ○ 全身がだるい感じがする

 ○ 下痢や便秘になりやすい

 ○ 集中力が続かない

 ○ なんとなく不安でイライラする

 などの症状が出てきます。

 

3.自律神経を整えるには

 自律神経の乱れを引き起こす原因はさまざまありますが、「ストレス」や「不規則な生活」は大きく影響すると言われています。

  自律神経を整えるには、

  ○ 朝日を浴びて体内時計をリセット

  ○ アロマなど、香りを生活に取り入れる

  ○ ストレッチやヨガで筋肉をほぐす

  ○ ぬるめの湯船に入り、副交感神経を優位にする

  ○ 寝る前にスマホを見ない

  などがオススメです。

 

※アロマについては、↓をご参照下さい。

🎀アロマの効果でお悩み解決!お悩み別・おすすめの精油をご紹介①

 

4.自律神経を整えるヨガ

 <自律神経を整える> ※ゆったりとした呼吸で行って下さい

 ① 両手で拳骨を作り、第1関節と第2関節の間の平らなところを耳の上に置き、グッと押しあてながら、前後に動かしマッサージする。

 ② 両中指をこめかみにあて、押しあてながら、グルグルと円を描くようにしてマッサージする。

 ③ 両手で拳骨を作り、第2関節の辺りを耳の後ろの後頭部の生え際にあて、グッと押しあてながら、左右に動かす。中央に向かって、3カ所くらいに分けて同様にマッサージする。

 ④ 両親指を後頭部の真ん中、髪の生え際の少し上のくぼみにあて、グッと押しあてる。

 

 <リラックス効果>

 ① 人差し指と中指で耳を挟み、顔は少し上に向けます。

 ② 鼻から息を吸いながら、指で挟んだ耳の前後を上下させます。※耳にはたくさんのツボがあり、そこを刺激します。

 ③ 口から息を吐いて、アゴに向けて手を滑らせ、前に伸ばします。




いかがでしょうか?

日々、ストレスを溜めず、リラックスする時間を作ってみて下さいね(^^♪

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!