🍀ももの裏側・ハムストリングスをストレッチ&鍛えましょう♪

投稿日:
ハムストリングスは硬くないですか?
ハムストリングスが硬くなると、腰痛等さまざまな不具合が出てきます。
今回は、ハムストリングスのストレッチ&鍛える効果のあるヨガをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。その後、ルーシーダットンのインストラクターの資格を取得するまで夢中に。

 


ハムストリングスはももの裏側の筋肉です。

長時間の同じ姿勢をしていると凝り固まるので、毎日のストレッチが大切です。

ハムストリングスを少しずつストレッチして鍛えていきましょう♪

 

今回は、

 ○ ハムストリングスとは?

 〇 ハムストリングスが硬くなると。。。

 ○ ハムストリングスのストレッチ&鍛えるヨガ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. ハムストリングスとは?

 2. ハムストリングスが硬くなると。。。

 3. ハムストリングスのストレッチ&鍛えるヨガ

 


1.ハムストリングスとは?

 ハムストリングスはももの裏側の筋肉で、半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋の総称です。

 股関節や膝関節を伸ばしたり、膝を安定させたり、曲げる働きがあります。長時間のデスクワークや、立ち仕事、運動不足で凝り固まりやすくなります。

 

2.ハムストリングスが硬くなると。。。

 〇 骨盤が後傾しやすくなる

 〇 腰痛が起こりやすくなる

 〇 膝が伸びにくくなり、関節に負担がかかり、痛みが生じやすくなる

 〇 肉離れが起こりやすくなる

など。

 しかし、ハムストリングスを鍛えることにより、ヒップラインがキレイに引き上がります。

 

3.ハムストリングスのストレッチ&鍛えるヨガ

 <ハムストリングスのストレッチ> 

 (1) 長座で座り、右の足裏を左膝の横につけます。

 (2) 一旦、左膝を曲げ、ゆっくりと伸ばします。

 (3) 鼻から息を吸いながら、踵をけり出し、みぞおちを後に引くようにして伸ばします。

 (4) 口から息を吐いて、甲を伸ばし、前に伸びます。

 (5) (3)、(4)を数回行う。

 (6) 足を入れ替えて、反対側も同様に行なう。

 

 <ハムストリングスを鍛える>

 ① うつ伏せになり、肘を曲げアゴ下に手を重ねておく。

 ② 膝の間げんこつ2つ分くらい開けて、膝を90度に曲げ、お尻をしめる。この時、骨盤は床につけ、足の甲は伸ばし、両親指を合す。

 ③ 鼻から息を吸いながら、両膝を同時に浮かせるように少し持ち上げる。

 ④ 口から息を吐きながら、ゆっくり両膝を下し、元に戻る。

 ⑤ ③、④を数回行う。




いかがでしょうか?

是非、定期的にストレッチやヨガで、筋肉をほぐし鍛えていきましょう🎵

 

私が行っているルーシーダットン・タイ式ヨガは、セルフメンテナンス要素、体の不具合を改善する効果があります!

レッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を以下に載せています。

是非、ご参加ください(^^♪ 一緒にルーシーダットンを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!