🍀ヨガーローラーでおしり周りをほぐして、ヒップアップにつなげましょう♪

投稿日:
ヒップアップ効果を高めませんか?
股関節周りを緩めて鍛えることでヒップアップ効果があります。
今回は、お尻周りの筋肉をヨガローラーでほぐし、ヒップアップ効果わ高める方法をご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。インストラクターの資格を取得するまで夢中に!

 


お尻周りの筋肉が硬いと効果も出にくくなります。まずしっかり筋肉をほぐして行きましょう。

 

今回は、

 ○ お尻の筋肉について

 〇 ヨガローラーの使い方~おしり編~

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. お尻の筋肉について

 2. ヨガローラーの使い方~おしり編~

 


1.お尻の筋肉について

 お尻にはいくつかの筋肉がありますが、主に3つ。

  ① 大臀筋・・・お尻の中心にあり、お尻の中で最も大きな筋肉。上半身を支えたり、上半身と下半身の動きをつないだりする役割がある。鍛えるとトップが上がる効果がある。

  ② 中臀筋・・・お尻の上半分あたりにある筋肉。股関節を動かしたり、骨盤を支えたりする働きがある。鍛えるとお尻の外側をきれいに丸い形に整える。

  ③ 梨状筋・・・お尻の筋肉の下に隠された筋肉。複雑な股関節の動きに関与している筋肉で、梨状筋の下には坐骨神経が通っている。

 ヒップアップするには、お尻の筋肉を鍛えるのは欠かせませんが、股関節は前、横、後と立体的に多くの筋肉に覆われているため、それらを同時に動かせるエクササイズであれば、お腹やお尻を含めた多くの部位にアプローチがかかり引締め効果が出やすくなります。

 また、お尻やもも裏の筋肉を使うには、脚を後ろにけり出す動作が必要ですが、そこで重要な動きをするのが仙腸関節です。ここが硬くなるとその動作ができなくなります。

 

2.ヨガローラーの使い方~おしり編~

 <足の付け根~ももをほぐす> ※股関節周りの筋肉のねじれをゆるめ、体を温める

 ① うつ伏せになり、肘を曲げて両手を重ね、重ねた手の所におでこを置きます。

 ② ローラーを横向きにし、左太ももに対して直角になるようにして太ももの前側にあてます。 ※骨盤が浮かないように注意

 ③ 少しずつずらしながら、ローラーを移動させ、イタ気持ちいい所をコロコロさせます。 ※もも全体をほぐす

 ④ 反対側も同様に行います。

 

 <お尻に丸みをだす> ※股関節と仙腸関節を動かす

 ① うつ伏せになり、肘を曲げて両手を重ね、重ねた手の所におでこを置きます。

 ② ローラーを横向きにし、左太ももに対して直角になるようにして太ももの前側にあてます。

 ③ 左膝を曲げ、そのまま外側に足を倒します。 ※骨盤が浮かないように注意。気持ちいい程度に伸ばす

 ④ 反対側も同様に行います。

 

 <お尻のたるみを引き上げる>

 ① うつ伏せになり、肘を曲げて両手を重ね、重ねた手の所におでこを置きます。

 ② 左膝を曲げたまま、股関節から太ももを持ち上げながら、内側から外側へ回します。

 ③ 反対側も同様に行います。

 

<広告>


いかがでしょうか?

ヨガローラーの表面の凹凸の硬さは、肌にあてた時の心地よさが大切です。

指で押して凹むものが心地よくほぐしやすいので、購入の際はチェックしてみて下さいね(^_-)-☆

 

私が行っているルーシーダットンのレッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を載せています。

ご参加お待ちしております。一緒にヨガを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!