🍀体が硬いとヨガするのも恥ずかしい…おすすめヨガを4つ&体を柔らかくするポイントをご紹介

投稿日:
ヨガって、体が硬くてもできるの? 
でも、体が硬いとストレッチするのも辛いし、筋肉は動かさないと衰えて硬くなるばかりだし。。。
実は、体が硬いといろいろなデメリットがあるのはご存知ですか?
そんな体が硬い方にもおすすめのヨガをご紹介します。

 

自己紹介:Mikiインストラクター
エステティシャン・エステインストラクター&ヨガインストラクター歴約20年。
ヨガは、30代半ばで何か運動しなければヤバイと思い、運動があまり得意ではなく、体も硬かったのですが、躊躇しながらヨガを始めてみました。肩こりがひどく、体の歪み、片頭痛持ちでもあったので、週1回、必ずレッスンを受け、体を動かすことに。
いろいろのヨガを受けましたが、特に、ルーシーダットンは骨盤調整など体の不調を改善でき、また柔軟性がなくても無理なくレッスンに参加できるので、私にはとても合いました。インストラクターの資格を取得するまで夢中に!今はとても健康的な体になりました。

 


私自身も体が硬かったのでヨガをし始めたときは、一つ一つのポーズがとても大変で、このまま続けられるかなと不安でした。

でも、ヨガは約30種類もあります。全てのヨガが柔軟性を必要とするわけではありません。ご自身の体に合ったヨガを選んで頂き、体を少しずつ伸ばして柔軟性を高めて行きましょう(^^♪

 

今回は、

 ○体が硬いとどんなデメリットがあるの? 6つ

 〇どんなヨガがあるの? ハード系とソフト系を各4種類

 ○体が硬くてもトライしやすいヨガは? 4つ

 ○体を柔らかくするには? 3つ

をご紹介していきます。

 


もくじ:

 1. 体が硬いとどんなデメリットがあるの? 6つ

 2. どんなヨガがあるの? ハード系とソフト系を各4種類

 3. 体が硬くてもトライしやすいヨガは? 4つ

 4. 体を柔らかくするには? 3つ


 

1.体が硬いとどんなデメリットがあるの? 6つ

 体が硬いとさまざまなトラブルが起きます。例えば、

  ○肩凝り

  ○腰痛

  ○ケガをしやすくなる

  ○疲れやすい

  ○痩せにくい

  ○血液の循環が悪くなりやすい

 

2.どんなヨガがあるの? ハード系とソフト系を各4種類

 ヨガは約30種類くらいあると言われています。その内、ハード系とソフト系のヨガを各4種類ご紹介していきます。

 <ハード系>

 ① アシュタンガヨガ… インドで教えられていたヨガで、インナーマッスルの強化がメインとなるヨガ。

 ≪効果≫ 代謝アップ・筋力アップ・インナーマッスルの強化・自律神経を整える・リラックス効果

 

 ② ヴィンヤサヨガ… 呼吸と動作を止めることなくポーズを連続して行っていくヨガ。アシュタンガヨガをベースとし、より自由に独創的に行ないます。

 ≪効果≫ デトックス効果・集中力アップ・柔軟性アップ・筋力アップ・インナーマッスルの強化

 

 ③ パワーヨガ… パワフルなポーズが多く、終わった後は身体が温まり適度な疲労感を実感できるヨガ。アシュタンガヨガをベースとし、エクササイズ要素が強いヨガになります。

 ≪効果≫ 筋力アップ・集中力アップ・ダイエット効

果

 ④ ホットヨガ… 温度38~39度、湿度60%前後の高温の中で行う為、効率的にカロリーを消費することができるヨガ。高血圧やその他疾患がある方は要注意です。

 ≪効果≫ ダイエット効果・デトックス効果・集中力アップ・ストレス解消・代謝アップ・美肌効果

 

 <ソフト系>

 ① 陰ヨガ… 深呼吸をしながら基本的なポーズをとり、時間をかけてゆっくり身体を伸ばしていくヨガ。

 ≪効果≫ リラックス効果・柔軟性アップ・運動不足の解消・血行促進・ストレス緩和

 

 ② リラックスヨガ… 身体を大きく伸ばす動きと緩めるポーズを交互に行うことで心身にリラックスをもたらすヨガ。腹式呼吸を意識したうえで、体を大きく使うポーズと強度が低く緩めるポーズを交互に織り交ぜながら、リラックスを高めていきます。

 ≪効果≫ リラックス効果、血行促進、疲労回復

 

 ③ ルーシーダットン… タイに古くから伝わる自己整体で、独自の深い呼吸法とやさしいポーズで身体を整えていくヨガ。

 ≪効果≫ ダイエット効果、リラックス効果、予防医学としての効果

 

 ④ アイアンガーヨガ… 意識を内面や体の隅々に向け、正しくポーズをとることに集中することで、心身を正しく歪みのない状態へと導くヨガ。ブロックやベルトなどを使い的確にアプローチしていきます。

 ≪効果≫ ストレス緩和、柔軟性アップ、シェイプアップ効果

 

※ 参考:「運動不足を解消!ヨガを試しましょう♪ヨガの効果と目的別おすすめヨガをご紹介」

 

3.体が硬くてもトライしやすいヨガは? 4つ

 約30種類あるヨガの中で、体が硬くてもトライしやすいソフト系のヨガを4つご紹介。

 ① 陰ヨガ

 深呼吸をしながら基本的なポーズをとり、時間をかけてゆっくり身体を伸ばしていくヨガ。

 ② ルーシーダットン

 タイに古くから伝わるヨガで、独自の深い呼吸法とやさしいポーズで身体を整えていくヨガ。

 ③ アイアンガーヨガ

 意識を内面や体の隅々に向け、正しくポーズをとることに集中することで、心身を正しく歪みのない状態へと導くヨガ。

 ④ エアリアルヨガ

 天井から吊るされた布を用いて空中で行なうヨガ。布に体を委ねることで今まで出来なかったポーズや伸ばしたい部分がピンポイントに刺激されるため解放感満載。

 

4.体を柔らかくするには? 3つ

 ① 毎日少しずつでいいのでストレッチをする

 ② 入浴後、体が温まった状態でストレッチするのがベスト

 ③ ストレッチする時は無理してやり過ぎない。イタ気持ちいい程度にとどめること

 体をすぐに柔らかくするのは難しいですが、毎日無理なく長く続けることが大切です。

 

 




いかがでしょうか?

ヨガに慣れるまでは呼吸を意識していくと良いかと思います。ポーズばかり気にすると呼吸が乱れやすくなります。

呼吸を意識してポーズを取るように心掛けると、レッスン後とてもスッキリ感がありリフレッシュできますので、是非、チャレンジしてみて下さい♪

 

ルーシーダットンに興味を持たれた方は、下記のヨガメニューをご覧ください。

私が行っているルーシーダットンのレッスンの詳細(グループレッスン・オンラインレッスン・パーソナル オンラインレッスン)を載せています。

ご参加お待ちしております。一緒にヨガを楽しみましょう🎵

https://salon-deplaisir.com/yogamenu/

SNSでシェア!